不動産プライベートリート投資法人

工事をスムーズにすすめるための環境作

家という一生に一度の買い物の投せっかくまた、作家の池沢夏樹さんも沖縄暮らしです。それぞれの、そこに住む理由というのは違うだろうけれど、たしかに沖縄に住むというのもひとつのチョイスだと私は思うまた、北海道や東北に住むという人もありますね。たとえば、劇作家の倉本聰さんは自然豊かな北海道の富良野に住んでいますし、吉幾三さんは青森に、そしてさとう宗幸さんは仙台に住んでいます。黒姫山にすんでいるC.W.ニコルさんという例もある。また軽井沢に住んで農業を営んでさえいる玉村豊男さんの生活も一つの理想に近い。そして、岡山の吉備高原都市には、著作家の紀田順一郎さんが移住しておられる彼らの生き方や暮らし方というものを見るにつけて、うものかと想像しています本当の贅沢とはこういうものか、終の住処とはああいもちろん日本中を探しても、良いことばかりという場所はありません。
夏涼しい北海道は冬は極寒だしクマがでるかもしれない。
といって、冬暖かい沖縄は夏はまた酷暑の上に反対に、悪いことばかりの場所というのもないから、それがこの世の道理というものです。
どこに住んでも、ブなんぞも住んでいる。
19で、裏と表がある、すべては長ただ、自分にとってどういう生活がしたいかなと思いをはせると、冬は暖房、夏は冷房のなかで過ごすという生活ではなく、できるだけ自然に近い静かな暮らしをしたい。たとえば、沖縄ならば、夏だけは冷房が必要ですが、秋から春は冷暖房なしでも暮らせます。あるいは八戸ならば、冬だけは暖房をしますが、春から秋は冷暖房なしでも暮らせます。
となると、私はどちらかといえば八戸で冬だけ暖房する暮らしをとりたいと思うこういう暮らしは、エコロジー時代の理にも一番適っているとも言えますね都会生活というのは、こういう観点からみると、どうもあまり褒められない。夏は冷房、冬は暖房のしどおそれが結局エネルギーの消費、ひいては地球環境の破壊にも繋がっていきますできるだけ都市には住まないということも、しになり、だから、長い目で見て、ということがあってよこれからは、まず選択の一つに加えるそれでも、もし都市に住むのならば、ここでぐっと思考法を変えて、まったく農村的でない暮らし方をに立てて、自分の生活を建て直すということが必要じゃないかと思います
古家が消えていく思えば、日本はなんでもスクラップ&ビルドでやってきました。
工事ではここまでの粗利はでません
工事をスムーズにすすめるための環境作特に沿道の建築物

住宅の出現を待ってい

特に沿道の建築物

東京は新陳代謝都市であって、いっときも立ち止まっていない。
つねに更新されていく結果、ほとんどの建物が三十年ともちません。中には五十年、七十年と持ちこたえる家もあるけれど、それは例外です。その建物が良いものか否かを問わず、ともかくどんどん古いものは潰して建て直すというのが我が国の文化なのですつまるところ、日本中だれもが、古い家には価値がないと思っています。木造建築の場合、三十年たつと完全に無価値なものになってしまって、不動産売買においては、家たるの資格さえ失い、上物という悲しい名で呼ばれて、もう家としてみなされなくなるのです。上物となれば、それはむしろマイナス資産であって、汚いものが上に乗っているけれど、その取り壊しの費用分だけ、土地代を安くしましょう、というメカニズムになっているわけです。
この考え方が、現在の日本人の、はたしてこれでいいのだろうか。
家についてのほぼ共通した意識であろうと思いますけれども、はたして、以前、広尾のお屋敷町の一等地にあるあります。
家で、屋敷を取り壊すに当たって、その古い家の撮影をしたことがそれは昭和の初めに、元侯爵家だった屋敷の跡地を、一区画三百坪ぐらいに分割して売り出したうちの一軒でした。当時の家ですから、天井もゆったりと高く、広々とした庭があり、実に堂々たる風格がありました。
和洋折衷のデザインも美しく、細工もしっかりしていて、建具なども七十年を経ても指一つで滑らかに動きそれはもう見事なものでした。
ありすがわけれども、地ですから、この家の当主が亡くなり、相続税がかかってきた。
三百坪といったら、どれほど莫大な額でしょうか。
有栖川記念公園近くの広尾何丁目なんて一等相続した御子息は、齢四十のサラリーマンで、若当主といえどもたんなる勤め人ですから、何億の相続税を払えと言われても払えるわけがない。

住宅部分が不要となれ

結局、南半分は不動産屋に売り、庭も全部潰して、固定資産税などを払うために三階建ての賃貸マンションを建てました。本人は、屋敷を全部壊して建て直して、もっと小さな家に住んでいます。
Yさんも、本当は建て直したくなかったそうです。
涙を飲んで壊さざるを得なかった。
父親が大切にしてきた、思い出の多い家だった。
けれど結局、現在の日本の税制では、どんなにいい家があっても、こうなってしまうのは避けられない。
イギリスだったら、相続税が事実上ないに等しいので、ずっと大切に住み継がれていったでしょう。
を考えておきたいのです。
これが、この違いもう、あの素晴らしい家の部材はみんな解体業者がゴミとして処理してしまった。指一本ですーっと開いた見事な指し物の建具は滅茶苦茶に壊されて、焼却場行きになってしまった。いまでも、あれを生かす方法はなかったのだろうかと悔しく思います。それは文化の破却です。惜しいことでした。

古家に住む贅沢たとえば、浜美枝さんは、箱根でたいへん立派なよい家に住んでおられます。いまでは有名な家だけれど浜さんが買われた時は、一戸の古い農家で、もうボロボロだったそうです。それを二十年かけて修復して、現在では、それこそ建築雑誌に必ず出てくるような、素晴らしい邸宅に建て直されました。その際使った資材はみんな古いものばかりだそうですさんの見事な建具も、壊してしまわなければ、こういったかたちで、うまく使われたはずです。
けれども、浜さんの家のような古民家も、いまではたいへん少なくなってきましたなだれ日本人のだれもが、都市へ都市へと雪崩を打って都市住民になりたがった結果、村では家に住む人がいなくなり、家を立ち腐れさせてしまったからです。つまり、過疎化の進行とともに、破屋が夥しく発生したときに、それをなんとか生かして使うというノウハウがまったく確立してこなかった。古いものは捨てて省みないという国民性がそうさせたのに違いないのです。思えばもったいないことをしました。
けれども、いままた、古い家の資材を求めている人々も増えてきている。私も、静かな人気のないところでぜひ古い家に住みたいという気持ちが強い。でも、実際は、どうやってそれを見つけ、どこへ行ってその古い家や部材を手に入れるのか、そういう流通や情報の発信受信がまだまだシステムとして十全には確立していまそのいっぽうで、膨大な数の古家が、ただもう立ち腐れるに任されている、それを考えると、われわれ日本せつしやくわん人はなんという無駄をしているのだろうと、切歯扼腕の思いに駆られますだから、古い家を、もっとシステマティックに再利用できるような制度や方法を構築していくべきだ、がこの二十一世紀という時代なのではないかと思っています。
それもっとも、田舎暮らしの本などという雑誌もあるくらいですから、もちろん片隅では既に行っている人たちもいることはいます。しかし、まだ供給としては、本当にわずかなものです。実際には立ち腐れていく家のほうがはるかに多い。立ち腐れた家は、復元するのはなかなかむずかしいので、立ち腐れる前に、古い^^ティークな部材として、再利用するためのシステムを、すぐにでも考えていく必要があると思いますこれは、同時に、新しく木を伐らなくて済む方策でもあるので、森林の保存や生態系の保護ということにももちろん役に立ちます。
住宅部分が不要となれば

家という一生に一度の買い物の投せっかく

また、作家の池沢夏樹さんも沖縄暮らしです。それぞれの、そこに住む理由というのは違うだろうけれど、たしかに沖縄に住むというのもひとつのチョイスだと私は思うまた、北海道や東北に住むという人もありますね。たとえば、劇作家の倉本聰さんは自然豊かな北海道の富良野に住んでいますし、吉幾三さんは青森に、そしてさとう宗幸さんは仙台に住んでいます。黒姫山にすんでいるC.W.ニコルさんという例もある。また軽井沢に住んで農業を営んでさえいる玉村豊男さんの生活も一つの理想に近い。そして、岡山の吉備高原都市には、著作家の紀田順一郎さんが移住しておられる彼らの生き方や暮らし方というものを見るにつけて、うものかと想像しています本当の贅沢とはこういうものか、終の住処とはああいもちろん日本中を探しても、良いことばかりという場所はありません。
夏涼しい北海道は冬は極寒だしクマがでるかもしれない。
といって、冬暖かい沖縄は夏はまた酷暑の上に反対に、悪いことばかりの場所というのもないから、それがこの世の道理というものです。
どこに住んでも、ブなんぞも住んでいる。
19で、裏と表がある、すべては長ただ、自分にとってどういう生活がしたいかなと思いをはせると、冬は暖房、夏は冷房のなかで過ごすという生活ではなく、できるだけ自然に近い静かな暮らしをしたい。たとえば、沖縄ならば、夏だけは冷房が必要ですが、秋から春は冷暖房なしでも暮らせます。あるいは八戸ならば、冬だけは暖房をしますが、春から秋は冷暖房なしでも暮らせます。
となると、私はどちらかといえば八戸で冬だけ暖房する暮らしをとりたいと思うこういう暮らしは、エコロジー時代の理にも一番適っているとも言えますね都会生活というのは、こういう観点からみると、どうもあまり褒められない。夏は冷房、冬は暖房のしどおそれが結局エネルギーの消費、ひいては地球環境の破壊にも繋がっていきますできるだけ都市には住まないということも、しになり、だから、長い目で見て、ということがあってよこれからは、まず選択の一つに加えるそれでも、もし都市に住むのならば、ここでぐっと思考法を変えて、まったく農村的でない暮らし方をに立てて、自分の生活を建て直すということが必要じゃないかと思います
古家が消えていく思えば、日本はなんでもスクラップ&ビルドでやってきました。
建築会社を選ぶことができるはず

工事をスムーズにすすめるための環境作

東京は新陳代謝都市であって、いっときも立ち止まっていない。
つねに更新されていく結果、ほとんどの建物が三十年ともちません。中には五十年、七十年と持ちこたえる家もあるけれど、それは例外です。その建物が良いものか否かを問わず、ともかくどんどん古いものは潰して建て直すというのが我が国の文化なのですつまるところ、日本中だれもが、古い家には価値がないと思っています。木造建築の場合、三十年たつと完全に無価値なものになってしまって、不動産売買においては、家たるの資格さえ失い、上物という悲しい名で呼ばれて、もう家としてみなされなくなるのです。上物となれば、それはむしろマイナス資産であって、汚いものが上に乗っているけれど、その取り壊しの費用分だけ、土地代を安くしましょう、というメカニズムになっているわけです。
この考え方が、現在の日本人の、はたしてこれでいいのだろうか。
家についてのほぼ共通した意識であろうと思いますけれども、はたして、以前、広尾のお屋敷町の一等地にあるあります。
家で、屋敷を取り壊すに当たって、その古い家の撮影をしたことがそれは昭和の初めに、元侯爵家だった屋敷の跡地を、一区画三百坪ぐらいに分割して売り出したうちの一軒でした。当時の家ですから、天井もゆったりと高く、広々とした庭があり、実に堂々たる風格がありました。
和洋折衷のデザインも美しく、細工もしっかりしていて、建具なども七十年を経ても指一つで滑らかに動きそれはもう見事なものでした。
ありすがわけれども、地ですから、この家の当主が亡くなり、相続税がかかってきた。
三百坪といったら、どれほど莫大な額でしょうか。
有栖川記念公園近くの広尾何丁目なんて一等相続した御子息は、齢四十のサラリーマンで、若当主といえどもたんなる勤め人ですから、何億の相続税を払えと言われても払えるわけがない。
建築を作っていくパワーを感じ

住宅部分が不要となれ

結局、南半分は不動産屋に売り、庭も全部潰して、固定資産税などを払うために三階建ての賃貸マンションを建てました。本人は、屋敷を全部壊して建て直して、もっと小さな家に住んでいます。
Yさんも、本当は建て直したくなかったそうです。
涙を飲んで壊さざるを得なかった。
父親が大切にしてきた、思い出の多い家だった。
けれど結局、現在の日本の税制では、どんなにいい家があっても、こうなってしまうのは避けられない。
イギリスだったら、相続税が事実上ないに等しいので、ずっと大切に住み継がれていったでしょう。
を考えておきたいのです。
これが、この違いもう、あの素晴らしい家の部材はみんな解体業者がゴミとして処理してしまった。指一本ですーっと開いた見事な指し物の建具は滅茶苦茶に壊されて、焼却場行きになってしまった。いまでも、あれを生かす方法はなかったのだろうかと悔しく思います。それは文化の破却です。惜しいことでした。

古家に住む贅沢たとえば、浜美枝さんは、箱根でたいへん立派なよい家に住んでおられます。いまでは有名な家だけれど浜さんが買われた時は、一戸の古い農家で、もうボロボロだったそうです。それを二十年かけて修復して、現在では、それこそ建築雑誌に必ず出てくるような、素晴らしい邸宅に建て直されました。その際使った資材はみんな古いものばかりだそうですさんの見事な建具も、壊してしまわなければ、こういったかたちで、うまく使われたはずです。
けれども、浜さんの家のような古民家も、いまではたいへん少なくなってきましたなだれ日本人のだれもが、都市へ都市へと雪崩を打って都市住民になりたがった結果、村では家に住む人がいなくなり、家を立ち腐れさせてしまったからです。つまり、過疎化の進行とともに、破屋が夥しく発生したときに、それをなんとか生かして使うというノウハウがまったく確立してこなかった。古いものは捨てて省みないという国民性がそうさせたのに違いないのです。思えばもったいないことをしました。
けれども、いままた、古い家の資材を求めている人々も増えてきている。私も、静かな人気のないところでぜひ古い家に住みたいという気持ちが強い。でも、実際は、どうやってそれを見つけ、どこへ行ってその古い家や部材を手に入れるのか、そういう流通や情報の発信受信がまだまだシステムとして十全には確立していまそのいっぽうで、膨大な数の古家が、ただもう立ち腐れるに任されている、それを考えると、われわれ日本せつしやくわん人はなんという無駄をしているのだろうと、切歯扼腕の思いに駆られますだから、古い家を、もっとシステマティックに再利用できるような制度や方法を構築していくべきだ、がこの二十一世紀という時代なのではないかと思っています。
それもっとも、田舎暮らしの本などという雑誌もあるくらいですから、もちろん片隅では既に行っている人たちもいることはいます。しかし、まだ供給としては、本当にわずかなものです。実際には立ち腐れていく家のほうがはるかに多い。立ち腐れた家は、復元するのはなかなかむずかしいので、立ち腐れる前に、古い^^ティークな部材として、再利用するためのシステムを、すぐにでも考えていく必要があると思いますこれは、同時に、新しく木を伐らなくて済む方策でもあるので、森林の保存や生態系の保護ということにももちろん役に立ちます。

マンションでも高齢化が進み

家についても改良すべき点がある

Dueドゥーエ-賃貸でも居住空間にこだわりたい人におすすめコンセプト:きっと、好きになる。
身近なパートナーのように。
暮らし始めてわかる、上質な心地よさ取扱企業:株式会社モリモト良質なものは流行に左右されず、本物だけが持つ価値を放ち続ける、という考えのもとに誕生したマンションブランドです。
快適に暮らすために、居住空間にはこだわりたいという人が、都心を中心に増加しています。
モリモトは、その考えが近年郊外にも及びつつあるという点に着目。
そんな中誕生したドゥーエは、利便性のよい都心だけにとどまらず、スタイリッシュな様相はそのままに、住みやすさと環境の良さに注目した郊外にも積極的に展開しています。
利便性のある都心で、アクティブなアーバンライフを贅沢に過ごしたい方。
住環境を重視した、落ち着きのある郊外での豊かな暮らしを満喫したい方。
住む人がそれぞれのライフスタイルやライフステージに合わせて、住みたい場所を自由に選択できるマンションです。
また、ハイレベルなクオリティにも定評があります。
流行に踊らされない、飽きのこない愛され続けるデザインを大切にするという考え方が買われ、グッドデザイン賞も受賞しています。
本当に良い住まいとは、何年経っても色褪せないもの。その価値を教えてくれるような高品質なマンションです。
外観は、高級感漂うモダンでシックな美しい佇まいのものが多く、エントランスホールもシンプルながらゆとりを感じる空間になっています。
室内の内装には、ウッドデッキのバルコニーやガラス張りの三面採光など、デザイン性を保ちながらも、使いやすさや機能性も追求されていてさすがといった感じ。
デザイン性と機能性の融合させるあたりは、モリモトの得意分野といったところです。
ダブルロックドアなどのセキュリティサポートも充実しています。
「賃貸物件だからといって、居住空間には、切の妥協を許したくない」というこだわりの強い方には特におすすめしたいブランドです。
公式HP:
DUPLEXデュープレックス-多様性に富んだ空間を提供取扱企業:株式会社デュープレックス·ギャザリングデュープレックスは、ワンランク上のシティライフを目指した、高級賃貸が数多く揃うマンションシリーズです。
不動産プライベートリ

家が和風か洋風かという

家が和風か洋風かという

家についても改良すべき点がある1991年創業の、株式会社デュープレックス·ギャザリングがプロデュースしています。
ラグジュアリーホテルのような空間で暮らすことができ、コンシェルジュサービス等も充実した高級マンスリーマンション、いわゆるサービスアパートメントを多く扱っています。
その他、家具·家電付きのマンションなども多く、多様性が求められる都心で、あらゆるニーズに応える不動産会社という印象です。
デュープレックスという社名は、2つの重なるものという意味から対話を大切にするという考え方から名付けられたそうです。
お客様ひとりひとりと対話し、それぞれの暮らしのニーズに応えて行くこと。
快適な居住空間を求めるというお部屋探しのサポートをしたいという想いがつまっています。
デュープレックスが常に対話をイメージしている企業であるというのは個人的にも感じます。
デュープレックスの特徴は、住居だけにとどまらず、事務所やSOHO、店舗、さらにはセカンドハウスとしての需要が高まる都心で、さらにハイクオリティな物件を供給しているという点にあります。
単なる作業スペースという枠を超えて、クリエイティブなものを生み出す人々に向けた、進化型のデザイナーズスペース。
さらに、セカンドハウスにも妥協を許さない、確かな眼を持つライフステージの高い人々に向けた、ホテルライクなサービスや設備。
サービスアパートメントを扱っているデュープレックス·ギャザリングならではの、質の高いサービスが提供できます。
都心だからこそ生まれる需要をいち早く察知するのが得意な企業です。
屋上テラス付き物件や専用庭付きなど、あると嬉しいプラスアルファの居住空間も提供してくれています。
外観は、白を基調としたスタイリッシュな物件が多く、清潔感のある、長く愛され続ける仕様が印象的で、デザイナーズならではの、都心のコンパクトスペースだからこそ映える、個性豊かな物件が揃うのも、愛され続ける理由です。

住宅を建てた会社には

施工会社が選択されなかった例が実際にあ
公式HP:特徴的な形状の建物も目に付きます。

ParkCubeパークキューブ-水回り設備に定評ありコンセプト:「いちばんに、住む人のこと。」取扱企業:三井不動産レジデンシャルリース三井不動産がプロデュースしているマンションです。
三井不動産の人気ブランドパークシリーズの一つで、このシリーズは分譲マンションが多いのですが、このパークキューブは、高級賃貸のマンションブランドとして確立されています。
経験と実績の三井不動産ならではの、分譲並みの設備や仕様、サービスで、賃貸でもハイクオリティで快適な暮らしが叶います。
建物自体は、ハイレベルでしっかりとした施工に定評があり、立地面においても価値の下がらない、長く住み続けられるマンションとして人気があります。
コンシェルジェによるクリーニングの取次やタクシーの手配など、ホテルライクなフロントサービスは珍しくありませんが、不在時には携帯電話に来訪者通知がメールで届けられるサービスなど、最先端のケアも受けられます。
安心の内廊ド設計やディンプルキー、24時間管理、さらに高層階直通のエレベーターでスムーズに出入りができるなど、居住者が安全で暮らしやすい設計に配慮されています。
分譲マンションの取り扱いが多い三井不動産ですが、近年では高級賃貸のマンションにも、力を入れています。
パークキューブの最新設備は、水回りの設備が特に使いやすいと定評があります。
物件によっては、ファミリーでもゆったりと過ごせる部屋タイプまで多数取り揃えており、都会で暮らすさまざまなライフスタイルに対応しています。
賃貸でもハイクオリティな暮らしをしたい方向けのマンションです。
公式HP:
PROUDFLATプラウドフラット-分譲のノウハウを賃貸にもコンセプト:「住まう方ひとりひとりが、世界一の時間と思える瞬間を過ごし、誇らしく感じていただくこと」取扱企業:野村不動産株式会社安心と実績の百年品質、野村不動産がプロデュースする高級賃貸のマンションシリーズです。
野村不動産の高級分譲マンションブランドプラウドは有名ですよね。
プラウドを造るにあたって蓄積されたノウハウを最大限に生かして、野村不動産が独自に創り上げてきた高品質な賃貸シリーズがプラウドフラットです。
分譲のクオリティを、賃貸にも生かしたい。
快適で、安心·安全な暮らしという考え方に、分譲や賃貸などのカテゴリーは関係ない。
そんなシンプルな考え方は、分譲から賃貸まで数々の不動産物件に関わってきた、歴史と実績のある野村不動産だから行き着いた答えなのではないかと思います。
プラウド=誇りというマンションブランドの意味が持つように、野村不動産ならではの発想で、多くの居住者の住まいを支えてきました。
工事ではここまでの粗

家を建てる際には実際に基礎

家を建てる際には実際に基礎
Dueドゥーエ-賃貸でも居住空間にこだわりたい人におすすめコンセプト:きっと、好きになる。
身近なパートナーのように。
暮らし始めてわかる、上質な心地よさ取扱企業:株式会社モリモト良質なものは流行に左右されず、本物だけが持つ価値を放ち続ける、という考えのもとに誕生したマンションブランドです。
快適に暮らすために、居住空間にはこだわりたいという人が、都心を中心に増加しています。
モリモトは、その考えが近年郊外にも及びつつあるという点に着目。
そんな中誕生したドゥーエは、利便性のよい都心だけにとどまらず、スタイリッシュな様相はそのままに、住みやすさと環境の良さに注目した郊外にも積極的に展開しています。
利便性のある都心で、アクティブなアーバンライフを贅沢に過ごしたい方。
住環境を重視した、落ち着きのある郊外での豊かな暮らしを満喫したい方。
住む人がそれぞれのライフスタイルやライフステージに合わせて、住みたい場所を自由に選択できるマンションです。
また、ハイレベルなクオリティにも定評があります。
流行に踊らされない、飽きのこない愛され続けるデザインを大切にするという考え方が買われ、グッドデザイン賞も受賞しています。
本当に良い住まいとは、何年経っても色褪せないもの。その価値を教えてくれるような高品質なマンションです。
外観は、高級感漂うモダンでシックな美しい佇まいのものが多く、エントランスホールもシンプルながらゆとりを感じる空間になっています。
室内の内装には、ウッドデッキのバルコニーやガラス張りの三面採光など、デザイン性を保ちながらも、使いやすさや機能性も追求されていてさすがといった感じ。
デザイン性と機能性の融合させるあたりは、モリモトの得意分野といったところです。
ダブルロックドアなどのセキュリティサポートも充実しています。
「賃貸物件だからといって、居住空間には、切の妥協を許したくない」というこだわりの強い方には特におすすめしたいブランドです。
公式HP:
DUPLEXデュープレックス-多様性に富んだ空間を提供取扱企業:株式会社デュープレックス·ギャザリングデュープレックスは、ワンランク上のシティライフを目指した、高級賃貸が数多く揃うマンションシリーズです。

家についても改良すべき点がある

家族が平和になるために買っていただきたい
1991年創業の、株式会社デュープレックス·ギャザリングがプロデュースしています。
ラグジュアリーホテルのような空間で暮らすことができ、コンシェルジュサービス等も充実した高級マンスリーマンション、いわゆるサービスアパートメントを多く扱っています。
その他、家具·家電付きのマンションなども多く、多様性が求められる都心で、あらゆるニーズに応える不動産会社という印象です。
デュープレックスという社名は、2つの重なるものという意味から対話を大切にするという考え方から名付けられたそうです。
お客様ひとりひとりと対話し、それぞれの暮らしのニーズに応えて行くこと。
快適な居住空間を求めるというお部屋探しのサポートをしたいという想いがつまっています。
デュープレックスが常に対話をイメージしている企業であるというのは個人的にも感じます。
デュープレックスの特徴は、住居だけにとどまらず、事務所やSOHO、店舗、さらにはセカンドハウスとしての需要が高まる都心で、さらにハイクオリティな物件を供給しているという点にあります。
単なる作業スペースという枠を超えて、クリエイティブなものを生み出す人々に向けた、進化型のデザイナーズスペース。
さらに、セカンドハウスにも妥協を許さない、確かな眼を持つライフステージの高い人々に向けた、ホテルライクなサービスや設備。
サービスアパートメントを扱っているデュープレックス·ギャザリングならではの、質の高いサービスが提供できます。
都心だからこそ生まれる需要をいち早く察知するのが得意な企業です。
屋上テラス付き物件や専用庭付きなど、あると嬉しいプラスアルファの居住空間も提供してくれています。
外観は、白を基調としたスタイリッシュな物件が多く、清潔感のある、長く愛され続ける仕様が印象的で、デザイナーズならではの、都心のコンパクトスペースだからこそ映える、個性豊かな物件が揃うのも、愛され続ける理由です。
暮らしは言葉に出来ま

住宅を建てた会社には

公式HP:特徴的な形状の建物も目に付きます。

ParkCubeパークキューブ-水回り設備に定評ありコンセプト:「いちばんに、住む人のこと。」取扱企業:三井不動産レジデンシャルリース三井不動産がプロデュースしているマンションです。
三井不動産の人気ブランドパークシリーズの一つで、このシリーズは分譲マンションが多いのですが、このパークキューブは、高級賃貸のマンションブランドとして確立されています。
経験と実績の三井不動産ならではの、分譲並みの設備や仕様、サービスで、賃貸でもハイクオリティで快適な暮らしが叶います。
建物自体は、ハイレベルでしっかりとした施工に定評があり、立地面においても価値の下がらない、長く住み続けられるマンションとして人気があります。
コンシェルジェによるクリーニングの取次やタクシーの手配など、ホテルライクなフロントサービスは珍しくありませんが、不在時には携帯電話に来訪者通知がメールで届けられるサービスなど、最先端のケアも受けられます。
安心の内廊ド設計やディンプルキー、24時間管理、さらに高層階直通のエレベーターでスムーズに出入りができるなど、居住者が安全で暮らしやすい設計に配慮されています。
分譲マンションの取り扱いが多い三井不動産ですが、近年では高級賃貸のマンションにも、力を入れています。
パークキューブの最新設備は、水回りの設備が特に使いやすいと定評があります。
物件によっては、ファミリーでもゆったりと過ごせる部屋タイプまで多数取り揃えており、都会で暮らすさまざまなライフスタイルに対応しています。
賃貸でもハイクオリティな暮らしをしたい方向けのマンションです。
公式HP:
PROUDFLATプラウドフラット-分譲のノウハウを賃貸にもコンセプト:「住まう方ひとりひとりが、世界一の時間と思える瞬間を過ごし、誇らしく感じていただくこと」取扱企業:野村不動産株式会社安心と実績の百年品質、野村不動産がプロデュースする高級賃貸のマンションシリーズです。
野村不動産の高級分譲マンションブランドプラウドは有名ですよね。
プラウドを造るにあたって蓄積されたノウハウを最大限に生かして、野村不動産が独自に創り上げてきた高品質な賃貸シリーズがプラウドフラットです。
分譲のクオリティを、賃貸にも生かしたい。
快適で、安心·安全な暮らしという考え方に、分譲や賃貸などのカテゴリーは関係ない。
そんなシンプルな考え方は、分譲から賃貸まで数々の不動産物件に関わってきた、歴史と実績のある野村不動産だから行き着いた答えなのではないかと思います。
プラウド=誇りというマンションブランドの意味が持つように、野村不動産ならではの発想で、多くの居住者の住まいを支えてきました。